【週報】7/5~7/9EA損益報告【+137,883円】

EA週報

どうも、かのです。

私が稼働しているEA「T-1200」の

一週間の収支報告と振り返りをしていこうと思います。

※※※EA「T-1200」の紹介はこちら※※※

今週(先週?)は大きく値が動く場面が多く、

よりリスク管理が重要な週でした。

週のトータルはこちら。

7月5日(月) +12,034

損益内訳

ドル円:+1,188 (決済回数1回)

ゴールド:+10,846 (決済回数8回)

7月5日のチャートはこんな感じ(5分足)。

上からドル円、ゴールドです。

5日は米国市場が休場だったため、

大きく値が動くことは

あまりありませんでした。

ドル円で約40pips、ゴールドで約100pipsの値幅でした。

市場に参入する機関投資家等も少なく、

ドル円とゴールドの関係である

「逆相関」がきれいに見える形ですね。

7月6日(火) +38,759

損益内訳

ドル円:+2,730 (決済回数3回、うち手動1回)

ゴールド:+36,029 (決済回数20回、うち手動1回)

日本時間23:00に米国ISM非製造業景況指数

事前にEAの稼働を停止し、ポジションは全決済。

このとき若干マイナスが出ましたが、

一日のトータルではプラスです。

23:00の指標の影響はあまり大きくなかったように思いますが、

ドル円は前日5日に1時間足で三尊が形成され

ネックライン割れしたことで売り圧力が強まっています。

長期的には押し目を作っている印象もある展開でした。

7月7日(水) +37,980

損益内訳

ドル円:+7,512 (決済回数8回、うち手動2回)

ゴールド:+30,468(決済回数21回、うち手動2回)

27:00 FOMC議事録公開

先日のFOMCで米国の将来的な利上げが示唆されたことで

価格が大きく動く展開となりました。

そのため、そのFOMCの議事録が公開されるということで

深夜に起きてEAを停止させました。

値動きとしては終日様子見相場といった体でしたね。

結局FOMCの時のような爆発的な値動きはありませんでしたが、

織り込み済みだったということでしょうか…?

7月8日(木) +23,625

損益内訳

ドル円:738 (決済回数5回、うち手動1回)

ゴールド:+22,887 (決済回数21回、うち手動1回)

24:00 米国原油在庫

24:00の指標前にポジションを全決済したとき、

ドル円は大幅減益。

終日円買いが強く、クロス円通貨は

軒並み大幅に値下がりしていました。

なんでや?と思って調べたりしてみると、

リスクオフ相場になったため円買いが進んだらしい…

なんでリスクオフ?

って感じで疑問でしたが、Twitterでも

そんな反応でしたね(笑)

東京に緊急事態宣言が出たことや

米国をはじめ、デルタ株が世界的に

感染拡大を見せているのが原因なんでしょうかね。

ゴールドは乱高下して怖かったので、

途中から0.01ロット始まりに調整して取引しました。

こういう相場は本当に怖いので、

利益を取ることよりも資産を守ることを

優先した運用をするのがいいです。

なんならEAを止めるのもありです。

皆さんも気を付けましょう。

7月9日(金) +25,485

損益内訳

ドル円:+1,284 (決済回数4回、うち手動1回)

ゴールド:+24,201 (決済回数21回、うち手動1回)

20:30の欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

EA取引はゴールドのロットを元通り

0.02にして再開。

特筆すべき点はなく、

何の印象も残っていない日でした(笑)

総評

ファンダメンタルズは毎日追っていくべきですね。

東京の緊急事態発令と世界的なデルタ株の流行は

経済の停滞を起こす可能性はあります。

裁量トレードであれば流れを読み切れば

爆益も可能ですが、

EAは裁量取引のような多々の要因や予測に基づく

取引は苦手とするところですので、

機械的な判断だけで稼げる相場でしっかり

稼働させていくことが重要です。

資金量が豊富であっても相場の勢いに飲まれることは

普通にあり得るので、

油断大敵ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました