【FX自動売買】「億の神龍」は稼げる!?内容が公開されたので再検証!

FX

どうも。かのです。

昨日は誕生日でした。

肉ケーキなんて初めてでしたが、

なかなか重たいですね。

ここ数年で一番うれしかった誕生日でした。

さて先日ご紹介した「億の神龍」という案件、

皆さんは覚えておいででしょうか。

6月16日(水)から案件の詳細が明かされ始めたので、

詳細をご紹介しつつ、改めて「億の神龍」が稼げるかどうか、

検証していきたいと思います。

本記事執筆時は第3弾の動画まで公開されていますので、

第4弾以降が公開され、情報の更新が必要になった場合は

随時追記していきます。

「億の神龍」とは

LP→https://cross-ch.jp/shenron/1axsv/?pid=1axsv&v=jhhs

前の記事でも紹介していますので概要だけ

再度ご紹介しますと、

凄腕トレーダーT氏(氏名は後程)が開発に携わったという

FX完全自動EAのことです。

限られたプロトレーダーしか

その存在を知らないとされ、

業界を脅かすほどの伝説的EA

と紹介されています。

言ってしまえば、都市伝説の完全自動EA版ということですね。

10万円を1億5000万円にするというとてつもない

実力があるとのことですが、

誇大広告で有名なクロスリテイリング

手掛ける案件ですから、油断は禁物です。

油断できないポイントをまず一つ挙げると、

アイキャッチ画像には

「完全自動だから、誰がやっても再現性100%⁉」

という文句が踊りますが、

LPの最後、サクラともわからないコメントが

ずらずらと並んだ後に、こんな注意書きがあります。

【リスクについて】当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
FXは価格変動リスクを伴うため、場合によっては損失を被る可能性があります。また、FXには取引業者の売買手数料がかかります。

再現性100%じゃないのかよ!

とツッコみたいところですが、

投資案件に絶対はありませんからね。

クロスリテイリングもこの一文を差し込むことにより

システムで稼げない場合の逃げ道を作っているのです。

億の神龍のロジック

稼げるかどうかの判断はそのEAのロジックが

重要です。

まずは実績(バックテスト)の結果ですが…

ドル円とユーロドルの検証結果ですね。

10万円から1億越えというキャッチフレーズでしたが、

確かにテスト結果はそのように出ています。

そして検証期間は2006年1月2日~2020年12月30日

約15年間となります。

10万円を15年かけて1億にする

というのが早いのか遅いのかは

人それぞれ思うところはあると思いますが、

大体年利50~60%ぐらいの計算です。

開発したトレーダーのT氏(武田章司氏)が

1日で証拠金を7倍、10倍にした男

と紹介されていましたので、

ちょっと拍子抜けという感じですが、

完全自動EAとしては

堅実で好印象です。

ただ、これは複利ありきの結果なので、

途中で利益分を引き出すとなると

将来的な利益率は下がってくることに注意です。

  • 複利…元の資金に加え利益分を元手とすることで、1回のトレードでより多くの利益を狙っていくことができる運用方法。

「億の神龍」を稼働させる通貨ペアは

USD/JPY(ドル円)

EUR/USD(ユーロドル)

の2つに限定されています。

この2つの通貨ペアに限定されている理由は、

ドルという基軸通貨に関連し、

流通量が多い通貨ペアであることから

ダマシが少ないことを理由として

挙げられていました。

なぜダマシが少ないことが重要なのかといえば、

「億の神龍」のトレードロジックの根幹が

ブレイクアウト」にあるためです。

「ブレイクアウト」とは、値動きが一度止められるラインを

突き抜ける値動きのことで、突き抜けた方向へ

値動きしやすくなるという特徴があります。

上の図のような場面のことですね。

簡単に、なぜ「ブレイクアウト」によって

突き抜けた方向への値動きが加速するのか説明しますと、

上の図では青いラインが多くのトレーダーに

意識されている価格帯で、ここには買い注文と

売り注文が殺到しています。

上昇してきた価格が一旦この価格帯(ライン)で

止められているのは、売り注文が入り

価格が伸び悩んでいることを示しているのです。

ですが、より強い買い圧力(買い注文の殺到)により

この価格帯を抜ける(ブレイクアウト)すると、

この価格帯の売り注文が損切される(=買い注文が入る)

ことになり、より一層勢いよく、抜けた方向へ

価格が推移していくのです。

「億の神龍」はこの「ブレイクアウト」による

価格の推進を狙う手法になっているのです。

そして「ダマシ」とは、この「ブレイクアウト」後、

一旦は上昇するものの、すぐに逆方向へ値動き

することを言います。

実際のチャートでは図のような場面を

「ダマシ」といいます。

図はGBP/USD(ポンドドル)です。

見えにくいですが、横ラインは1.41616に引いています。

実際に意識されていたのは1.416だと思うのですが、

意識される価格はラインというよりも

帯で考えた方がいいので、おおよそで構いません。

図の価格の推移をみていると、ダマシの前に

3回、小さい赤丸のところでラインに反応していることが

わかるかと思います。

ここはトレーダーに意識されている価格ということですね。

そして順調に安値を切り上げ(黄色ライン)、買いの勢いが強くなったところで

ラインを大きく突き抜ける陽線(価格上昇の線のこと)が出現し、

ブレイクアウトが発生しました。

その後、ブレイクしたライン1.416を踏み台にさらに上昇するのかと

思いきや、すぐにライン下にもぐってしまいました。

これがダマシです。

結局、後からさらに強い勢いでブレイクアウトしていきますが、

このダマシで多くのトレーダーが狩られたのではないかと

思うところです。

ちなみに、ブレイクアウトした価格帯は、

ブレイクアウト後の押し目買いや戻り売りのポイントに

なりやすいので、裁量トレードも考えている人は

覚えておくとよいかと思います。

業界用語では「レジサポ」なんて呼んでますね。

レジスタンスとサポートの略です。

さて、脱線したので「億の神龍」の話に戻りましょうか。

ここまでまとめますと、「億の神龍」は

  • ブレイクアウトを狙った手法
  • ドル円、ユーロドルに限定
  • 年利50~60%

ということでした。

爆益型ではなく、コツコツと利益を積み上げていくEAという評価です。

そしてロジック的にはスキャルピング的であるように感じます。

実際にスキャルピングであるという説明はありませんでしたが、

利確や損切の条件を聞いてそう思いました。

  • スキャルピング…わずかな値動きを瞬間的に取るトレード手法のこと。利確まで1分~最長でも1時間くらいと言われます。

まず下のスクショをご覧いただきたいのですが、

エントリー回数は多めです。

そして一つの流れをごっそり抜き取るものではなく、

ちまちまと利確されているのがわかるかと思います。

まあ30分足なのでそこまでめまぐるしく

エントリーと決済を繰り返している訳ではないですし、

システム上に表示される取引履歴ではなく編集された画像

にすぎないので、完璧に正しい履歴かも怪しいのですが、

1本の30分足の中でエントリーと決済が

繰り返されています。

また、説明のなかで、

損切は-5pips、利確はトレーリングストップを

1pipsで追従するように設定しているとありました。

トレーリングストップとは、利益が出た場合に

一定の間隔で損切を設定しなおす機能のことで、

例えば1pipsでトレーリングストップをするとして

4pipsの利益が出ている場合、3pipsの利益を確保する

(1pips逆行したら損切)ということになります。

利益が伸びるたびに損切も合わせて変動するので、

リスク管理という点から僕もよくお世話になっている機能です。

ですが、いくら値動きが安定しているドル円、ユーロドルとは言っても、

1pipisの変動なんて容易に起こりえます。

特にブレイクアウト後は一時的に値動きが激しくなりますので、

ポジションを長く持つことができないのは

明白です。

スキャルピング自体が悪い手法というわけではありませんが、

今回は手法がかなり極端なので、本当にこれが利益最大化できる

設定なのか、疑問に思うところです。

武田氏の発言内容について

かなり過激なことを発言されていますが、

納得できる部分が多く、説得力はあります。

ナンピン型のEAは完全自動では使えず、

半自動で使うのがベスト、という発言は

僕の考えと同じで安心しました。

でもクロスグループの案件でそんな発言していいんですかね…?

※※↓クロスグループのナンピン型完全自動EAの案件↓※※

ですが、「世の中には過去の相場に過剰に適合するように

恣意的に調整されたEAが存在している」という発言は

かなり際どいかなと感じました。

確かに、検証期間わずか数か月とか数年とかで

爆益を叩き出せるというEAは武田氏のいうところの

詐欺的なEAであることは間違いないと思います。

しかし、過去の相場にフィットさせることは

必ずしも悪いことではなく、

FXは手法の再現性が利益を出すために重要であるので

過去の相場にフィットしなければそもそも

将来的に稼げるかはわからないはずなのです。

裁量トレーダーの方も土日の相場が動いていない時に

過去の相場と自分の手法が合致するか、

繰り返し検証を行っているくらい、過去の相場との

フィットはFXで勝つためには重要なことなのです。

実際、「億の神龍」の実績として出された結果も

バックテストの結果であり、約15年という期間に

フィットするよう作られたもののはずです。

将来どのようにチャートが動くかは

予測しかできませんからね。

武田氏の批判は最もなところですが、

では「億の神龍」はどうなの?という疑問は

解消されず、もやもやするばかりでした。

それから、もはやクロスグループとしてはお約束のようなものですが、

このEAがあればほかのEAを使わなくていい

という発言がありましたが、

クロスグループでローンチしている案件って

大体同じようなことをいつも言っていますよね。

一番優れているEAだけ提供してくれるのが

最も利用者にとってはいいことなので、

たくさんローンチするのではなく、

厳選したEAを長期間サポートしろ、

と僕は要求したい。

「億の神龍」は稼げるEAなのか?

正直な感想は、求めていたものではない、というところです。

まったく稼げないとは思いませんが、

稼げるとしても皆さんも期待外れなのではないでしょうか?

仮に100万円で運用を開始して年利50%と仮定すると、

複利で運用して1億円を超えるのは12年、、、

複利という性質上、小資金から億万長者を目指すためには

運用資金には手を付けず、それなりの利益が出せるようになるまでは

待ち続けなければなりません。

10万円から1億へ、という広告に魅力を感じられた方が

どのような稼ぎ方を理想としているのかはわかりませんが、

このEAは小資金から10年後、20年後に使うための

お金をコツコツと積み立てたい、という方には向いています

ですがEAの設定がかなりピーキーなので、

僕は使う気は起きませんね。

それから、情報の公開は無料で行われていますが、

いつものクロスグループの案件のとおり、

有料商材であることは間違いないでしょう。

追記:
「億の神龍」、値段が公開されていましたね。
税抜398,000円(税込437,800円)
でした。
僕的には思ったよりも安かったという印象です。

皆さんはいかがでしょうか?

「伝説のEA」「これ一つあればほかのEAは不要」

なんて言ってしまうくらいなので、

価格もそれなりにするでしょう。

50万円は下らないとみていますが、

どのくらいになるのでしょうね。

有料商材となるとなかなか手を出すのに

勇気がいりますが、ここは手慣れたクロスグループ、

この機会だけ」とか、「残り何名です

と言って購入を煽ってきます。

僕は手を出す気は全くありませんが、

もし魅力を感じて購入を希望される場合は、

果たしてこの金額出して元がとれそうなのか?

ということはしっかりと考えてからにしてください。

何度も言いますが、これまでの検証結果を見て

僕は手を出す気は全くありません。

僕が利用しているEA

最後に紹介だけさせていただきますが、

僕は下記記事で紹介しているEAを利用させていただいています。

完全自動ではなく、利用者の判断が求められるEAですが、

判断と運用方法によって利益を出すことができます。

武田氏のいうところの、半自動で動かすナンピン型EAです。

一定の資金で単利で一定の利益を出したい方向けかなと思いますので、

「億の神龍」とは発想としては真逆です。

利益については僕のTwitterでも公開していますので、

ご興味のある方は公式LINEにご連絡いただければと

思います。

※※Twitterはこちら※※

https://twitter.com/kano_n9160

※※公式LINEはこちら※※

https://lin.ee/oaqIrf0

→ID:143fkwed

コメント

タイトルとURLをコピーしました